About · Contact · Feed

ドイツからやってきた書体制作ソフトGlyphs

3 November, 2012

え~、Arialの後編を期待されていた方もいらっしゃるかもしれませんが、それはさておいて今回は書体制作ソフトのお話です。後編はそのうちやりますから。

グラフィックデザインや文字組版では専らAdobeのCreative Suiteを使うのと同様に、書体デザイン業界ではFontLabというソフトほぼ一択となっています。もちろん他に選択肢がないわけではありませんし、和文書体のデザインでは伝統的にURWという会社のIKARUSというソフトが使われていますが、それは企業専用のようなもので、一般ユーザーに手が出る金額ではなく操作も非常に複雑だと聞きます(訂正歓迎)。FontLabも慣れるまでは非常に難しいソフトではありますが、その廉価版とも言うべきFontographerは日本語にも対応していて初級~中級者用としてはうってつけの存在と言えます。

欧米では先に挙げたFontLabの他に、これのアップデートのあまりの遅さに危機感を抱いた個人のデザイナーたちが作ったGlyphsとRoboFontという二つのソフトが頭角を現してきています。今回取り上げるのはGlyphsです。Fontographer(46,900円)より安価(26,000円)でパワフル、初心者にも使いやすいという三拍子揃った今一番ホットなフォント制作ソフトと言ってもいいでしょう。まさにFontographerキラーといえる存在です。なぜ取り上げるのかというと、今回のバージョンアップ(1.3.15)で遂に日本語対応したからです!翻訳してくれた人(T.Oさん)に感謝しなくては!

Robofontもいいんですが単体では完結していないので、必要な機能を補うための外部ソフトを全部揃えるとなると新品のスーパーカブが買えるぐらいの金額になっちゃうのでスルーします。だいたい日本語対応してないし。

GlyphsはIllustratorのような感覚で描画できますし、描画ビューとテキストビューが一体化していて、アウトラインを描きながらすぐに入力し、その場で調整ができます。また初心者には馴染みの薄い、フォント出力時にやらなければいけないこと(重なったパスの合体や極点の追加)など、諸々の面倒な作業は全部おまかせでやってくれます。もちろん自分でやりたい場合も可能です。

スペーシングの管理もGlyphsならお手の物。たとえばHの両脇のサイドベアリングを変更したら、通常は同様の形を共有する他の文字も変更しなければいけませんよね(例:BDEFHIKLMNPRの左側は同じ値でいい)。FontLabであればこれらは手動で個別に変更するものでしたが、GlyphsではたとえばDの左側のサイドベアリングに「H」とだけ入力すれば、Glyphsは「Dの左側はHの左側と同じスペースにすればいい」と解釈し、スペーシングを自動で反映してくれます。同様にDの右サイドベアリングに「O」と入力すれば、あとはOの右側と同様のスペースを維持してくれます。これだけでDのスペーシングは終了です(また「=H-5」などの計算式も受け付けてくれます)。

作業の自動化はこれだけに止まらず、該当する文字がファイル内に存在するとGlyphsはなんと自動的にOpentypeのコードも書いてくれます!リガチャもスモールキャップもユーザーが一切コードを書くことなく動いてくれるのです(OpenTypeって何?という説明はとりあえず今回置いときます)。たとえば「f_f_i」というリガチャがフォント内に存在する場合、自動的にligaフィーチャーや必要なクラスやら何やらを自動生成してくれます。Glyphs内でもテストできますし、フォント出力後にIllustratorやInDesignで実際に動いているのも確認できるでしょう。他にもアラビア文字やデヴァナーガリー文字、タイ文字などのOpentypeフィーチャーもボタン一発です。

何を言ってるのかよく分からない部分もあると思いますが、とにかく使いやすくて空気を呼んでくれるフォント制作ソフトなのです。Glyphsは書体デザイナーの負担を大きく軽減してくれるソフトで、これがあれば大概のことは事足りるでしょう。うちの会社のワークフローだと最終的にFontLabが必要なので途中で切り替えなければいけませんが、個人的にはアウトラインを書いてスペーシングするまではGlyphsを使ったり使わなかったりで、少しずつ依存度が増しています。

OpenTypeやら何やらよく分からないものは要らないという方には機能縮小板のGlyphs Miniもあります。どちらも日本のMac App Storeで購入可能で、Glyphsは26,000円、Glyphs Miniは3,900円です。体験版は公式サイトからダウンロードできますし、気に入ればライセンス購入してそのまま使えます。マニュアルはまだ英語しかありませんが、こちらもT.Oさんによれば日本語版が出るとか出ないとか。

以下にGlyphsのチュートリアルを用意しておきましたのでご覧になって下さい。これ以上詳しく知りたいという方はツイッターなりこのページのコメント欄なりメールなりで質問してください。

14/03/10に動画一本追加

38 comments

  • 坂倉実 says:

    はじめまして。早速、体験版をダウンロードしました。
    書体制作ソフトは、はじめて使います。
    イラストレータで作った文字データをいくつか(和文字:あいうえおかきくけこ)貼り込み、出力してみましたが、fontにならずにフォルダに入った状態でその中にもフォントらしいものがありません。
    体験版だからでしょうか?

    • Toshi Omagari says:

      コメントありがとうございます。
      とりあえず平仮名の空のグリフを生成しましたが、問題なく出力されました。坂倉さんが出力に失敗されたというのは体験版だからかもしれませんし、なにか手順を見落とされているからかもしれません(体験版で出力可能かどうかは申し訳ありませんが覚えていませんので…)。出力前に特別にやっておかねばいけないこととしては、フォント情報のファミリー名をちゃんと入力しておくことぐらいでしょうか。ファミリー名にはアルファベット、数字、記号のみを用いてください。和文は厳禁です(フォント名に和名も登録するには少し複雑な操作が必要になります)。以上の操作をやってもう一度出力を試みてください。それで出来ないようであれば、体験版だから不可能ということでしょう。

      なお和文の書体についてはまだ実装が不完全であり商用の大規模なファミリーになると出力できませんので、現状では仮名書体を作れる程度のものだと思っておいた方がいいでしょう(常用漢字ぐらいはいけるかもしれませんが、試してません)。とはいえ、もし和文書体の制作が目的で購入される際は、miniだと仮名グリフの出力が困難を極めますので、安いからといってminiにするよりはフル版をお勧めします。

      • yanagisawa says:

        はじめまして。最近このアプリの体験版をダウンロードして使っているのですが、作ったフォントデータが自分以外のPCに配布することができないのですが、原因が分かりません。フォントが反映されないのは、このアプリが体験版だからとうことなのでしょうか、、?
        お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答して頂けると幸いです。
        よろしくお願い致します。

  • 坂倉実 says:

    的確にお答えいただき、大変助かりました。
    ファミリー名に和文を使っていました。
    アルファベットに直しましたら問題なく出力できました。
    私には覚えることが多そうですが、すごく良いソフトですね。
    フル版を購入したいと思います。
    どうもありがとうございました!

  • とおりすがり says:

    こんにちわ。Gryphsを買おうかと検討中なのですが、http://d.hatena.ne.jp/kudakurage/20120720/1342749116 に記載されているLigature Symbols 相当のことをやりたいと思っています。本記事にはFontForgeが必要とありますが、Gryphsだけで同様の結果を完結させることは可能でしょうか?

    • Toshi Omagari says:

      コメントありがとうございます。ちょっと変則なligaフィーチャーやdligフィーチャーはminiでは出せませんがフル版でなら出せます。ただしFontForgeみたいにビジュアルで組み立てるのではなく、コードでですが(でもGlyphsは自動でやってくれます)。
      1. リガチャーのグリフを追加するときにはグリフ名にアンダースコアを間に入れるようにしましょう。たとえばSafariとタイプしてリガチャを得るようにプログラムしたい場合は、リガチャーのグリフ名を「S_a_f_a_r_i」としておけば、あとはフォント情報のOpentypeタブから一発でコードを書いてもらえます。
      2. このときGlyphsはdlig(任意の合字)に目的のグリフの合体コードを書きますので、ウェブ上で表示させたい場合は手打ちでliga(標準の合字)に変更した方がいいでしょう。
      私の言ってることがよく分からなかったらそう仰ってください。この部分はビデオチュートリアルにしようかどうか迷ってるところですので、望む声が多ければ実行に移します。

      またウェブ用に使うのであればGlyphsはTrueTypeをネイティブで出力はできませんが、どのソフトを使うにせよ最後にはFontSquirrelなどのウェブフォント変換サービスをえばOKです。

      • とおりすがり says:

        上記Ligatureの質問をした方とは別のものですが、GlyphsにてLigatureを扱う場合のビデオチュートリアルを切望しております。もしお時間に余裕があるようでしたら是非お願いいたします。

        • Toshi Omagari says:

          ありがとうございます。OpenTypeのチュートリアルに関してはやろうかやるまいか決めかねていたのですが、やはり要望が少なくないのでやろうかと思います。完成したらこちらのページに追記で載せますので、お待ちください。

  • 白井 says:

    はじめまして。
    Glyphsに興味を持っているのですが、このソフトで異体字は作成できますでしょうか?
    (公式ホームページを見る限り、不可かと思うのですが…)

    • Toshi Omagari says:

      返信が遅れて申し訳ありません。和文書体の漢字の異体字ということでしょうか?現状ではそもそも和文書体を満足に作れる環境ではないようで、まだ発展途上という感じです。開発者は和文書体のサポート自体には前向きなので、対応予定だと思ってください。

  • kokuyo says:

    T.Oさん、本当にありがとうございます!このソフトで文字作りが楽しくてたまらないです。
    私は美大生で、文字つくりに関してはひよっこですが、いつか、素敵な文字を作って、大曲さんにお会いしたいです。

  • 大崎 says:

    はじめまして。最近Glyphsを使い始めているのですが、チュートリアルとても参考になりました。
    ありがとうございます!

    ひとつわからない所があるのですが、コンポーネントで作った部分がその他のパスと重なったとき、
    重なった部分が白く抜けたように表示されてしまいます。なぜでしょうか?(スペースでプレビューしたときはちゃんと黒くなるのですが…)

    • Toshi Omagari says:

      大崎さま
      コメントありがとうございます。現象を再現できないのですが、おそらくいずれかのアウトライン方向が逆になっているのではないかと思います。確認してみてください。

  • 大崎 says:

    アウトライン方向を改善したら、解消されました。すごく初歩的なことでしたが、コメント頂いてとても助かります。どうも、ありがとうございました!

  • 樋口 says:

    読ませて頂き、Glyphs miniを購入しました。
    1点わからないことがありお伺いしたいのですが、
    otfで書き出した際にGlyphs mini内で設定したカーニングが反映されていないのですが、
    原因がわかりません。何かわかることがございましたらお願いいたします。

    • Toshi Omagari says:

      コメントありがとうございます。Adobeのソフトであればカーニングは「メトリクス」になっていないと機能しませんが、こちらは大丈夫でしょうか?もし解決が難しそうであればファイルをメールで私の方にお送りいただけませんでしょうか?

      • 樋口 says:

        ご連絡遅くなり申し訳有りません。
        お返事頂き、ありがとうございます。
        仰る通り、メトリクスにチェックを入れるとカーニング設定が機能しました。
        otfで書き出し、イラストレータCS5で使用しているのですが、
        チェックを入れるプロポーショナルメトリクスがグレーアウトしており気づけませんでした。
        和文フォントを選ぶとグレーアウトが無くなりそこで一度チェックしてから制作フォントに変更、で機能しました。ありがとうございます。

  • yutanpon says:

    お忙しいところ、初歩的なことですみません。
    glyphsapp.comでライセンスを購入しました。

    どこから製品版をDLすればいいのか判りません。
    トライアル版にライセンスキーを入力するのかな…と思ったのですが、
    トライアル版は期限切れと表示され、何もすることができません。

    どうしたら製品版を使えるようになりますか…。
    よろしくお願いいたします。

  • yutanpon says:

    上記の件、解決しました。
    代金領収メールが着いてから、約7時間後にライセンスファイルのURLが記載されたメールが届きました。
    そのファイルをトライアル版のアイコンにドラッグして、無事に製品版として起動しました。

  • kichiyoshi says:

    初めしまして
    お忙しいところ申し訳ありません。
    動画などとても参考にさせて頂いております。
    今フォントを制作しているのですが書き出しを行って入力してみるとスペースが出来ません。(小塚ゴシックになってしまう。)無いものと判断されてしまうようです。
    どうしたら良いでしょうか。半角スペースはちゃんと反応されるので全角スペースに問題があるようです。

    文字コードは半角がspace全角がspace-hanです。
    ご教授いただけたらと思います。

  • hara says:

    はじめまして。haraといいます。GLYPHS MINIについて
    オリジナルフォントを作成後、アウトラインをし、印刷会社にデータを出稿したいのですが…
    全くの素人なので、申し訳ございません。
    いくつかご質問があります。
    1.OTFに生成できますでしょうか。 2.アウトラインは可能でしょうか

    • Toshi Omagari says:

      返信が遅れて大変申し訳ありません。ご質問の内容ですが、どちらも可能です。Glyphsは基本的にOTFを出力するためのソフトで、完成品は他のフォントと同様にIllustratorやInDesignでアウトラインを取り入稿することができます。

  • 中嶌 says:

    チュートリアル大変参考にさせていただいてます。

    1年ほど前にGlyphs Miniを購入して、いくつかフォントを作っていたのですが
    “Something went wrong with the remove Overlap filter”というエラーが出て、出力できなくなってしまいました。(以前は出力できていたファイルも同様です)
    「重なったパスを合体」でも同じエラーが出ます。

    どうか対処方法をお願いします。。

  • kamino says:

    初めまして。チュートリアル参考にさせて頂いております。ありがとうございます。
    Glyphs Miniの体験版を使用して作成していましたが、試用期限が超過したため、
    有償版に切り替えた所、otfファイルの出力でエラーとなりました。「Makeotf error」のポップアップが出力されます。
    ※体験版で問題なく出力ができていたフォントファイル(拡張子がglyphs)を利用しました。

    恐らく体験版と有償版でソフトウェアのバージョンが異なることが原因かと思いますが、
    解決方法が分からないので、対処方法をご教授頂けますでしょうか。

    体験版は、Glyphs1.4.5-614のインストーラを使用。
    有償版は、Glyphs Mini1.5.7-47のインストーラを使用。
    ※体験版で購入したライセンスファイルの読み込みができなかったため、
    Glyphs Mini1.5.7-47をインストールしなおしました。

  • sunagimo says:

    初めまして。
    英文フォント限定で、趣味的にタイプ制作をしているグラフィックデザイナーです。

    以前、同様の投稿をなさっている方がいらっしゃいましたが、
    私もなぜか半角のスペースを出力することができません。
    使用しているのはGlyphs Miniのほうです。
    同じフォントをGlyphsの体験版で試してみたところ、問題なく出力されました。
    思い当たる解決方法などありましたら、お教えいただければ幸いです。

  • OS says:

    glyphs体験板で、フォント作成を始めました。
    大曲さんのムービーもとてもわかりやすく参考にさせていただいております。
    順調に文字ができあがってきたのですが、
    glyphsでフォントを出力した際、「々」の文字(uni3005)のみが、フォントに反映されません。
    お手数かけて申しわけございません。
    何か考えられる原因等、ご教示いただければ幸いです。

    • Toshi Omagari says:

      OSさん
      考えられる原因としては、々の字が入っていなかったバージョンを先にインストールしてて、新しいバージョンのフォントを全く同名でインストールした、ということだと思います。OSXは同名のフォントの扱い方が上手ではなく、名前が被っている場合は古い方のフォントをキャッシュしたままにして、新しい方はキャッシュされている方のデータが消えるまで使えません(再起動でもフォントキャッシュはリセットされません)。

  • Zye says:

    はじめまして、こんにちわ。
    過去別のフォント作成ソフトでまる数字(例:❷)を自作した際、背景が黒い場合は白の●を❷の背面に入れなければ2の抜き文字が背景の黒と同化してしまう問題がありました。glyphsも同様の処理が必要になるのでしょうか。お教えいただければ幸いです。宜しくお願いいたします。

    • Toshi Omagari says:

      Zyeさん
      イラレで作った場合は、どのフォントエディタに持って行くときも似たような処理が必要になります。フォントのアウトラインは反時計回りが黒、時計回りが抜きと決まっていて、パスの方向を目視確認して変更するか自動修正する必要があります。イラレではパス方向の概念がないので混乱するかもしれませんが、そこは慣れですね。チュートリアル動画その1でも触れています。

  • Zye says:

    やはり基本的には必要な処理になりますね。ご返答ありがとうございました。
    上記ご質問が重複してしまい、申し訳ございません。可能でしたら処理願います。

  • Chihiro.O says:

    はじめまして、いつもすごく参考にさせていただいています。
    ご質問なのですが既出でしたら申し訳ございません、

    Glyphs 2 を MacBook Pro で使用しているのですが
    当ライセンスを iMac でも使用可能なのでしょうか。

    パソコン自体はどちらとも私のもので Apple ID も同じものを使用しています。
    ただ Glyphs の購入先が Glyphs のサイトから直接購入しましたので
    App Store からダウンロードしていなく、それにより同じアカウントとしてカウントされずに
    iMac の方では使えないのかな、と困っています。

    もしよろしければお答えいただけますでしょうか、よろしくお願いいたします。

    • Toshi Omagari says:

      初めまして。違うマシンでも同じライセンスを使うことは可能です。ライセンスファイルをiMacの方にコピーして適用してください。

  • Hiroki says:

    Toshiさま

    はじめまして、Hirokiと申します。
    いつもチュートリアルを参考にさせていただいております。ありがとうございます。

    Glyphsのマルチプルマスターについて、Regular・Boldを作ったのち、マルチプルマスターを使ってLight、SemiBoldなどの自動生成に挑んでいるのですが、ウェイトの値を変更しても全く何も変わりません。
    ToshiさんがYoutubeにアップされているマルチプルマスターのチュートリアル動画と同じように、テストとして新規から作成しThin・Heavyを作ってやってみても各ウェイトに反映されません。
    何かやり方が違うのか、それとも他に何か原因があるのかと思いオフィシャルのForum等を漁っていますが原因がわからず途方に暮れています。

    心当たり、対処法がございましたらご教授いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • Toshi Omagari says:

      Hirokiさま
      質問ありがとうございます。これは直接ファイルを見た方が早いと思いますので、よろしければデータをメールでお送りいただけませんでしょうか?アドレスはtosche()mac.comです。

      • Hiroki says:

        Toshiさま

        早速のご返信ありがとうございます。
        メールを送らせていただきましたので、ご確認いただければ幸いです。

        よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.