About · Contact · Feed

iPhone5の画面が嫌い

24 September, 2012

書体デザイナーのブログでタイポグラフィに何も関係ないことを書くのもどうかと思いますが、どうせ誰かに話題を決められてるわけでもないし、少なくともデザインに関係することなので書いておきましょう。僕はiPhone5の画面サイズが大嫌いです。

ご存知の通りAppleは長らくiPhoneの画面を3.5インチ、640*960ピクセルのままにしており、つい最近発表されたiPhone5にて縦に256ピクセル追加した640*1136の画面を新たに導入しました。(12/11/06訂正:256pxではなく176pxでした。)

9月12日の発表会で同社のフィル・シラーはこんなことを言っています。

電話のデザインの中心になる物は何でしょう?これです、あなたの手ですよ!電話は手の収まりが良くなくてはならず、我々全てが持つこの魔法のデバイス(親指)で簡単に使えるようでなければいけません。携帯電話はあなたの手に美しくフィットすべきです。メッセージを送るのもメールを送るのもネットサーフィンをするのも楽でなくてはいけません。そして、我々はiPhone5をまさにその通りにデザインしました。

最後の一文以外は文句なしに賛成です。

彼は続けて、いかに画面の寸法を定めたかを説明しました。まずiPhone5では画面を大きくしたかった(おそらくは競合製品に押されて)、だけどピクセル数の変更に伴う面倒なインターフェイスの作り直しを軽減したかった。また16:9のアスペクト比にもしたかった。そういうわけで画面を縦に伸ばした。さて、これのどこに親指の話が出てくるのでしょう?出てきてないですよね。

シラー氏の言うように、僕も道具の寸法や重さは人体から定まるべきだと思います。なので「最薄」だとか「最軽量」などというキャッチコピー(特にパナソニックは大好きらしい)には一切興味がありません。ソニーのPreminiやメモリースティックミニなど、小さすぎて使えた物ではないような製品は沢山あります(逆に個人的に好きなのはBang & Olufsenのリモコンです。これはユーザーが投げたりといった粗雑な扱いを防ぐように、あえて重めになっています)。おそらくiPhoneに最も共通性の高い問題を抱えているのはINFOBARでしょう。あれはとても美しくデザインされてて、大ヒットした携帯の一つだと思いますが、本体を少し持ち替えたりしなければ親指で全てのボタンに届くことができず、非常に使いづらいデザインです。一度メールの試し打ちをしたことがありますが、あまりにも手の運動量が多く、あっという間に疲れたのを覚えています。

もし右手で持っていたとしたら、#キーなどに親指を伸ばすのは困難ですし、その状態からそのまま十字キーまで親指を伸ばすのもまた困難です。

Appleの発表の後、INFOBARの無駄に長いデザインで味わった苦労をiPhone5でまた味わうことになるのではないかと不安になり始めました。「Appleに限ってそんなことするはずないんだけどなぁ…」と。さっそく土曜日にApple Storeに行って確かめてみたら、案の定的中したのです。本体を持ち替えることなく画面の上端からホームボタンまで親指で操作するのは無理でした。僕の親指が小さいからだと思う方もいるかもしれませんが、これでも僕の指は平均より長い方です。それにAppleが米国でやってる、一見普通に使えてそうなCMでもこれは確認できました。

ぱっと見には、親指で画面の上端からホームボタンまで使えてるように見えるかもしれません。しかしそれを同時に比べてみると、やはりホームボタンを押すときに下に持ち替わっていることが分かります。つまりAppleも5より4または4Sの画面サイズの方が使いやすいことを暗に認めていると言っていいでしょう。大したことではないかと思うかもしれませんが、iPhoneだと上端と下端の往復は結構頻繁にやることですし、そのたびに本体を持ち替えなければいけない携帯なんか要りません。購入される前には可能な限りお店に行って使用感を確かめてみてください。

ロールオーバーでポジションの違いが確認できます。CMは編集されているので、動いたかどうかは一見すると分からないようになっています。さしもの「魔法のデバイス(親指)」も、さすがにダルシムみたいに伸びたりはしません。FinalCut Proの魔法なら確認できますが。

皮肉なことにiPhone5はEarPodsという新規にデザインされたイヤフォンが付属します。これは数百もの人間の耳の3Dスキャンデータを元に作った物だそうですが、なぜAppleはiPhoneの画面を作るときに同じアプローチを取らなかったのでしょうか。それこそがまさに人体中心のデザインのはずではないでしょうか?

今日まで僕はiPhone4を使っていましたが、5に触れるまで4の画面がどれだけピッタリだったかに気づいていませんでした。僕の4はスリープボタンが逝っててホームボタンもそろそろ危なく、そろそろ買い替え時かと思っていました。しかし今やiOS6(の特にマップ)がダメダメ、iPhone5もダメダメとなっては、おそらく4Sを可能な限り早く入手するのが最良の選択になることでしょう。今だったらiOS5が入ったままのものもあるはずです。4Sでも十分ベターですが、いずれあの4インチの画面のiPhoneに乗り換えなければいけない日が来るのかと思うと今から鬱です。しかも、おそらくこのような失敗はiPhone以外にも今後も続くでしょう。

18 comments

  • もっちょ says:

    ところがどっこい外人には今まで窮屈だった空間が
    いい形になったんですよね。
    左上の戻るの位置も外人が”左手”でもつとちょうどぴったり。
    まぁ、日本人にはデカイんですけどね

    • Toshi Omagari says:

      「いい形」に関してそういえば言いたいことがもう一つありました。個人的に3G(とS)の背面の形は手にばっちりフィットするので凄く好きな形だったんですが、4で機械的になり、持ってて気持ちいい形ではなくなりました。そういう意味では4でもすでにマイナスです。たぶん自分の欲しいのは3のボディに4の画面解像度、そして5の処理能力が搭載されたiPhoneなのではないかと。

  • Any says:

    単に手が小さいだけではないですか?

    • Toshi Omagari says:

      参考になるかは分かりませんが、手の付け根から中指の先端までは19.5cmでした。平均19.2らしいので若干長いだけではありますが、小さいということはありません。

  • Anonymous says:

    誤植。
    立て → 縦

  • Anonymous says:

    マップ以外でiOS6がダメダメとは言えないな。
    マップはダメダメ以外の何物でもないけど。
    あと4の形より3が良かったと思うなら5は4よりかなり薄いから、少なくとも4よりは持ちやすいと思うけど。
    画面全体を使うこともそんなにないし、長くなって使いにくいわー親指届かねーわーとはほぼならない。
    ま、要するに、慣れ。
    イヤイヤ言ってても日常的に使ってみなきゃなんもわかんないよ。

    • Toshi Omagari says:

      iOS6がダメなんて言ったっけ?…と思ったら言ってました笑
      そうですね、仰る通りマップ以外は別に問題ありませんでした。

      5が4より「薄いから持ちやすい」というのは正に僕が疑問を投げかけている理屈です。どうして薄いと持ちやすいんでしょうか?厚い方が持ちやすいということも沢山ありますよ。ファミコンやスーパーファミコンのコントローラーよりXBOX360の方が遥かに持ちやすいですし、鉛筆よりDr.グリップの方が持ちやすい。iPhone3Gは角が丸いということと、「4より厚いから」持ちやすくて好きなんですが。

      「画面全体を使うことはない」というのは、果たしてそうでしょうか?iOSの主要な機能の多くは上端にありますし、ホームボタンも頻繁に使います。画面全体を使うことは多くないかもしれませんが、上端と下端の往復はかなり多いですよ。

      私はデザイナーなので「慣れればOK」というのは許しません。ユーザーの慣れに期待するのはただの妥協ですし、こともあろうにAppleからそんな言い訳めいたことは聞きたくないというファン心もあります。実際、5も周囲に使っている人がいてたびたび触らせてもらっていますが、確かに少しずつ慣れてはきます。それでも3Gを握るたびに歴然とした差を感じるのです。

  • Fou says:

    興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。
    ところで記事中に「縦に256ピクセル追加した640*1136」とありますが、追加量は176ピクセルではないでしょうか。

  • かしま says:

    そうですね。
    iPhone5はサイズがイマイチ。
    使いづらいなーと思ってたらここにたどり着きました。
    Appleなんだからさーというガッカリ感、最近多いですね。

    因みに、触りにくいですが画面は見やすくなりましたね、メールの時とかは特にイイなぁと実感します。

  • ですよねですよね。 says:

    片手で持って持ち替えせずに(親指以外の指を動かさずに)、
    画面の四隅とホームボタンが無理なく親指で押すことが出来るか?
    私には出来ません。
    私は手は大きい方だと思います。

    画面が広くなった分、指の操作が若干苦しく感じますが、
    画面が広くなったのは素直に嬉しいです。

    いっそのこと、ホームボタンを右側面に移動させてしまってもいいかもしれませんね。
    右手で持つ場合、右側面のボタンってすごく押しやすい思います。
    iPhone=タッチパネル+ホームボタンってイメージが強いので、
    ホームボタンが移動することは、ないと思いますけどw

    とかなんとか、素人が意見してますけど、
    アップルさんだって、たくさんのデザイナーを抱えて、
    いろいろと試行錯誤して、今のデザインになってると思います。

  • ATS says:

    まさに私が思っていたことと同じです
    私が4に慣れてしまったこともあるでしょうが、あの画面比率を手に持つのはとても気分が悪いですね。もちろん親指は届きませんでした
    裏面のツートーンはどうしても画面を伸ばした分の継ぎ接ぎに見えてしまいますし、
    スピーカーやマイクの穴もイマイチです。4ではブラックとステンレスのカラーリングが美しいと感じていましたが、そこも黒く塗りつぶされてしまいましたね。しかも真っ黒ではなく何とも中途半端に。
    私もデザインの業界に関わってはいますが、ジョブズがいたら許されない設計だったのではないでしょうか。

    • みんな同じ事を感じているんですね。 says:

      すごく共感しました。
      黒の金属部分にペイントをしているだけだったのがわかってがっかりです。
      アイブさんは素材のペイントを嫌がっていたはずなのに。
      ジョブスは、かゆいところに届く感じがありましたが、
      トップが変われば、わかってないなこの人って思ってしまいます。
      iPad miniの解像度。UIの頻繁な変更。MacProのシンプルでないラインアップ。
      iPodTouchのストラップを付ける穴。不満をあげれば切りがありません。
      本当に残念で仕方ありません。

  • iPhone4 ユーザー says:

    私もほとんどあなたの意見に同感ですね。
    今iPhone4を使っていて、iPhone4sへ機種変しようかiPhone5sに機種変しようか迷っています。
    理由はもちろんディスプレイ及びデバイスのサイズです!
    軽量化はいいと思いましたが、あのサイズはないですね。
    どうせ4インチにするなら縦と横にいい感じに伸ばして、iPhone4sまでの3.5インチをそのまま引き伸ばした感じにして欲しかった。と思っています。
    それからiOS6については私がこの分野に詳しくなるちょっと前にでたバージョンで、Mapも使わないのでなんの問題も感じませんでしたが、使う人からするとあのMapはたしかにダメですよね。
    iPhone6ではさらに4.7とか5.7インチのiPhoneが出るとか言われてますけど、大型の二種類じゃなくて、大型化とは別に昔の小型の路線も増やしてくれれるといいですね。
    もう少しiPhone4を使って、iPhone6次第でiPhone5sにするかどうか決めようかなとも考えています。
    AppleはiPhone5がでてからの2年弱、いい評価と同じくらい悪い評価も受けてるなと思います。
    今更ジョブズがどうたら言ったって彼は帰ってこないですし、Appleの今後に期待するしかないですね。

  • iPhone4sユーザー says:

    iPhone5から4sに行ったり来たりしていて、やはりiPhone4sに落ち着きました。実は6往復くらいしてたどり着いた結論はあなた様と同じです。というか同じこと考えている人が多くてよかった…。確かにテザリングは大きな魅力なのですが、使っていて楽しくない、愛着が湧かない道具は持っていても仕方ない感じがします。次期iPhoneについての噂がもう既に出ていますが、4.7インチともっと大型のiPhoneのツーラインナップだそうですが、それの発表でもiPhone5の発表と同じことが壇上に上がった人が言えるのかなと思います。iPhoneが長いこと3.5インチであった理由が今になって分かった気がします。それが形を変えて気づかされたことは大変皮肉ではありますが…。

  • こんにちは says:

    はじめまして。記事楽しく読ませて頂きました。
    私の場合はちょっと変わっていて、最初iPod touchの第5世代(大きさがiPhone5Sと同じ?)
    奴を買ったんですね。しかし、これが凄く持ちづらいんです。
    まあこんなものかなと思いつつ、最近ひょんな思いつきでiPhone4Sを手に入れたのですが
    これが抜群に持ちやすく、操作しやすい!手に馴染むというか…。
    おっしゃる通り、大きいとか、軽いとか、薄いとかだけじゃないんですね!

  • Anonymous says:

    iPhone6が大きすぎるので5sにしましたが確かに大きい。。
    iPhone4、iPod touch4世代が持ちやすかった….

    6なんてとんでもないですが世間では好評なんでしょうか??

    でもデバイスの外観はともかく中身は進化しているのでいつまでも4を使うわけにはいきませんでした

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published.