About · Contact · Feed

Metro Nova後編

11 August, 2013

Metro後編では、Novaのデザインについて話したいと思います。Metroがどういう書体なのかは前編をご覧ください。書体の復刻には理由が必要で、すでに同じ書体がデジタル版としてある場合は尚更です。Metroの場合は全くデジタル化されてないバージョンがあったから(しかもそれが大変魅力的である)というのが最も大きな理由ですが、それ以外にも様々な設計の見直しを図りました。Metroは一見すると特に問題のない書体ですが、使用するライノタイプ鋳植機にはさまざまなデザイン上の制約がありました。まずはユニット・システムです。各文字は規定の字幅に合わせてデザインされなければいけません(全角を12分割するユニット。例えばiは3ユニット、nは5ユニットなどなど)。等幅ほどキツい制約ではありませんが、それでも字幅が必ずユニットの整数倍になってないといけないのはやはり難儀です。 » Continue reading «

Metro Nova前編

4 August, 2013

私の初めてのMonotypeからの新規書体であるMetro Novaが発売されました。これはMetroというサンセリフ体のリバイバル、つまり復刻です。今回はこのMetroとMetro Novaについて前編(歴史)と後編(デザイン)に分けて話をしようと思います。

MetroLT

まずは現行のデジタル版Metroをご覧ください(上)。基本的にはFuturaに似ていますが、小文字のステムに斜めカットが入っていて(a b f i j t などなど)、よりカリグラフィ的で動きのある書体になっています。大文字だと特に目立つのはQでしょう。そういった特徴のおかげで、またMetro発売当時のLinotype鋳植機にFuturaがなかったので、特にアメリカで人気の書体でした。日本での認知度はほとんどありませんが、とてもファンの多い書体です。NIVEAやExpediaはMetro(のカスタム版)を制定書体またはロゴとして用いています。 » Continue reading «

活字職人の別の顔

24 May, 2013

時として書体デザイナー、または金属活字時代のパンチカッター(活字父型彫刻師)は文字を作るだけでなく、全く違う職に就いていたり、副業を持っていました。今回は活字職人たちの二足目のわらじを追ってみたいと思います。「グラフィックデザイナー兼書体デザイナー」みたいに関連性のある兼業は今だと多いとは思いますが、そういうの少なめで、意外性の高いもの、またはエピソードを選んでます。また今回、書体の画像は少なめです(書体がメインテーマではないので)。

» Continue reading «

続・身近な書体:Arial

9 March, 2013

いよいよお待ちかね、Arial誕生秘話の後編です。前回は何故Arialが作られたのか(why)について説明しましたが、今回のテーマはどうやって作られたか(how)で、さらに書体デザイン寄りの話になっていきます。頑張って説明はしますが、かなりテクニカルな話だと思いますので途中で諦めていただいて構いません。まだ前編を読んでいない方はこちらからどうぞ。

» Continue reading «

手のないカリグラファー、J. C. ライアン

25 November, 2012

かつてアメリカに、J. C. Ryanという手のないカリグラファー(書道家)がおりました。正確な生没年は調べきれませんでしたが、19世紀後半〜20世紀前半を生きた人です。彼は22歳のときに吹雪による凍傷で手を失い、数年を絶望のうちに過ごしたのち、足で文字を書く練習を始め、やがて腕で書くようになり、その身体的条件からはとても想像できないほどに上達し、Penman’s hall of fame(能書家殿堂)への仲間入りを果たしました。自分が弛んでいるときにはいつもモチベーションを上げてくれる偉人の一人です。以下にライアンを扱った新聞記事を紹介します。

» Continue reading «

ドイツからやってきた書体制作ソフトGlyphs

3 November, 2012

え~、Arialの後編を期待されていた方もいらっしゃるかもしれませんが、それはさておいて今回は書体制作ソフトのお話です。後編はそのうちやりますから。

グラフィックデザインや文字組版では専らAdobeのCreative Suiteを使うのと同様に、書体デザイン業界ではFontLabというソフトほぼ一択となっています。もちろん他に選択肢がないわけではありませんし、和文書体のデザインでは伝統的にURWという会社のIKARUSというソフトが使われていますが、それは企業専用のようなもので、一般ユーザーに手が出る金額ではなく操作も非常に複雑だと聞きます(訂正歓迎)。FontLabも慣れるまでは非常に難しいソフトではありますが、その廉価版とも言うべきFontographerは日本語にも対応していて初級~中級者用としてはうってつけの存在と言えます。

欧米では先に挙げたFontLabの他に、これのアップデートのあまりの遅さに危機感を抱いた個人のデザイナーたちが作ったGlyphsとRoboFontという二つのソフトが頭角を現してきています。今回取り上げるのはGlyphsです。Fontographer(46,900円)より安価(26,000円)でパワフル、初心者にも使いやすいという三拍子揃った今一番ホットなフォント制作ソフトと言ってもいいでしょう。まさにFontographerキラーといえる存在です。なぜ取り上げるのかというと、今回のバージョンアップ(1.3.15)で遂に日本語対応したからです!翻訳してくれた人(T.Oさん)に感謝しなくては! » Continue reading «

小文字の高さは何と呼ぶ?

26 September, 2012

先日発刊された「書体の研究 vol.11」やそのUstreamで触れられた小文字の高さの名前についてのブレについて考えたいと思います。こちらのブログでもかなり丁寧に追いかけられてて読み応えがあります(12)。

小文字の高さの名前にはx-heightという一番メジャーなものがありますが、他にはlowercase height(小文字高)というそのまんまの名前もあるにはあります(x-heightの方が言いやすいのであまり使われてないですが)。特にその線の名前については非常にブレが大きいです。そのブレの根元にはカリグラファーとタイポグラファーの用語の違いと混乱があるようです。上のブログでは「それぞれどう説明されているか」を調べていますが、僕は「そもそもどうして今の状況ができたのか」という視点で考える事にしました。

まずは一旦全部挙げてみましょう。
○○○ lineとして呼ばれるもの
・waist line(ウェイストライン。カリグラファー用語)
・mean line(ミーンライン。タイポグラファー用語)
・headline(ヘッドライン。超レア)
○○○ heightとして呼ばれるもの
・x-height(xハイト)
・lowercase height(ロワーケースハイト)
両方で呼ばれるもの
・x-line, x-height, x-height line

mean lineはmean heightと呼ばれたりはしませんし、waist lineもwaist heightと呼ばれたりはしません。上にも書いたように活字の世界ではx-heightが一番多く使われますが、カリグラファーはwaist lineと呼びます。ここでまず面白いと思ったのはline(線)とheight(高さ)の違いが業界の違いでもあるということです。

(注意:今回は推測の分量が非常に多いです!) » Continue reading «

iPhone5の画面が嫌い

24 September, 2012

書体デザイナーのブログでタイポグラフィに何も関係ないことを書くのもどうかと思いますが、どうせ誰かに話題を決められてるわけでもないし、少なくともデザインに関係することなので書いておきましょう。僕はiPhone5の画面サイズが大嫌いです。

ご存知の通りAppleは長らくiPhoneの画面を3.5インチ、640*960ピクセルのままにしており、つい最近発表されたiPhone5にて縦に256ピクセル追加した640*1136の画面を新たに導入しました。(12/11/06訂正:256pxではなく176pxでした。)

9月12日の発表会で同社のフィル・シラーはこんなことを言っています。

電話のデザインの中心になる物は何でしょう?これです、あなたの手ですよ!電話は手の収まりが良くなくてはならず、我々全てが持つこの魔法のデバイス(親指)で簡単に使えるようでなければいけません。携帯電話はあなたの手に美しくフィットすべきです。メッセージを送るのもメールを送るのもネットサーフィンをするのも楽でなくてはいけません。そして、我々はiPhone5をまさにその通りにデザインしました。

最後の一文以外は文句なしに賛成です。 » Continue reading «

身近な書体: Arial

3 September, 2012

今回取り上げる身近な書体はみんな知ってるのにみんな知らない書体、Arialです。タイポグラフィを志す人、少しでもかじったことのある人、もっと言えばフォントメニューを開いたことがある人なら必ず目にしたことがあるでしょう。なにせAで始まりますので、メニューのかなり上に来ますしね。

ArialはよくHelveticaと間違われやすいですし、Helveticaがないときに代替として使われる書体でもあります。事実Arialは見た目がHelveticaっぽくなるように作られたものですし、ArialはHelveticaの字幅と完全に一致するように作られています。欧米のタイポグラフィ界ではArialの使用はすなわち「Helveticaの不使用」という書体選択における妥協または無頓着を表しているように見られますし、僕も大筋では同意します。Helveticaは標準だとMacにしか入っておらず、WindowsのユーザーはHelveticaを買わない限りはArialしか選択肢がないので、Arialを使うデザイナーはタイポグラフィに金をかけない人間(要するに半人前)であるということも言えます。Webサイトで互換性確保のためなど、絶対必要な状況がない限り使わなくてよい書体と言って差し支えないでしょう。

しかしそれ以前に、私たちはArialのことをどれだけ知っているのでしょうか。なんと発音するか知っていますか?いつ誰がどういう経緯で作ったのか、なぜ今よく使われているのか、考えてみれば疑問だらけではありませんか?現在僕はArialのチーフデザイナーであるロビン・ニコラスと同じ職場で働いておりますので、これを好機として徹底的にArialを調べ上げることにしました。飲み会で語ったらドン引きされること間違いなしの情報量でお届けしたいと思います。

» Continue reading «

そうだ、ATypI香港に行こう。

17 August, 2012

ATypIというカンファレンスをご存知でしょうか。というかそもそもカンファレンスって何?と思われてる方もいるかもしれません。「知ってるよ!」とか「今年行くよ!」という方はさておき、今回はATypIとは何かという話をしようかと思います。

ATypIは国際タイポグラフィ協会(Association Typographique Internationale)という団体の名前で、タイポグラフィ業界では最大のグループです。当初は書体の盗作の横行に対処すべく打ち立てられた団体ではありますが、毎年10月に欧米のどこかで開かれるカンファレンスを中心にタイポグラフィの様々な話題を取り上げて意見交換をする場でもあります(通常時はメーリングリストにて)。

目玉となるATypIカンファレンスですが、これにはMicrosoftやMonotype、Adobe、FontShopなどの書体会社やタイポグラフィに関わりのある企業から、大学の教授や学生、個人のデザイナーまで垣根なく幅広く集まり、プレゼンテーションをしたり見たり飽きて外で談笑したり、TDC受賞作品の展示を見たりする場所です(TDCつっても日本のじゃないよ!)。たとえば去年はアイスランドの首都レイキャビクで行われましたが、その様子が動画でご覧いただけます。

(Day1から5までの全部の動画はこちら

いかがでしょうか?こんなに沢山の人集りが右も左も文字好きばかりって最高でしょう?行きたいと思いませんか?上にも書いたように通常は欧米でしか行われないカンファレンスなんですが、今回はなんと初めて香港で開催されるのです!行けますよ!映像を見てお分かりの通り、ほとんどの参加者が欧米の方で、当然みんな英語で会話します。これについては壁だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。その理由は2つあります。 » Continue reading «

Where Am I?

You are currently browsing the Japanese 日本語 category at Toshi Omagari.