About · Contact · Feed

文字と誕生日のカレンダー2014

17 November, 2013

もうすぐ師走ですね。来年のカレンダーはどれにするか、もうお決まりでしょうか?タイポグラフィをテーマにしたカレンダーは少なからずありますが、今回おススメするのは来年分で初デビューの「レターフォーム&バースデイ」カレンダーです。現在Kickstarterで支援者を募っているところで、あと50時間ほどで終わってしまいます。ぶっちゃけ今回はその宣伝です。ぜひともこのカレンダーのプロジェクトを成功させましょう!

(追記:プロジェクトは無事に目標額に達成しました。ご協力ありがとうございます。)

06-Dwiggins-cover

カレンダーの内容

文字好き向けのカレンダーは多々あれど、レターフォーム&バースデイは特にマニア心をくすぐる一品です。一番の目玉は過去の書体デザイナー、あるいは文字入り作品を作ったアーティストやデザイナーなど合計232人の誕生日が描かれてあることです。各月のページではその月に誕生日を迎える人の作品をひとつ取り上げ、更にそれに関連する新書体を使っています。例えば6月にはこのブログ何度登場しているウィリアム・アディソン・ドゥイギンズのある書体の試作がメインビジュアルですが、ここには私のデザインしたドゥイギンズの書体のリバイバルであるMetro Novaが使われています。毎月いろんな過去の秀作を眺めて、「あ、今日はあの人の誕生日なんだ!」と知ってニヤニヤできる、そんな素敵なカレンダーです。

発案者

このプロジェクトを企画したのはサンフランシスコにあるレターフォーム・アーカイブのロブ・サウンダースです。彼は長らく出版業界(特に絵本)に携わってきましたが、他にもデザイン、教育、コンサルティングなど幅広く活動してきた人です。その一方で、文字に関する資料をこれでもかと集めてきました。見本帳、デザイナーの原画、雑誌、デザイン書、なんでもあります。サウンダースはこのコレクションをレターフォーム・アーカイブという名前で一般に公開したいと考えており、それが実現すれば図書館などより遥かに気軽にアクセスできる新たな資料の宝庫となるでしょう。カレンダーのプロジェクトの目標額は1万ドルとやや高そうに聞こえる額ですが、これはアーカイブの運用資金の調達が主な目的だからです。何にせよ、もう半分は到達しています。最後にググッと支援が集中するのはKickstarterではよくあることですが、ここはひとつ日本からも波に乗りましょう!

Letterform Archive logo

またレターフォームアーカイブは高解像度なデジタル化もウリにしています。GalleryなりDwigginsのページなりで画像の品質を堪能してください。こういったデジタル化作業もアーカイブの重要な活動内容の一つです。

支援金額と特典

10ドル以上:12枚入りのポストカードセットと、全作品のデスクトップピクチャのダウンロードリンク(カレンダーは含まず)。米国外への発送の場合は$5追加支援。

20ドル以上:カレンダー1個とデスクトップピクチャーの以下略(支援者数上限あり)。米国外への発送の場合は$14追加支援。

25ドル以上:カレンダー1個とデスクトップピクチャー。米国外への発送の場合は$14追加支援。

33ドル以上:カレンダー1個とポストカードセット、デスクトップピクチャー。米国外への発送の場合は$14追加支援。

48ドル以上:カレンダー2個とデスクトップピクチャー。送付先住所を2つまで指定可能。米国外への発送の場合は$28追加支援。

72ドル以上:カレンダー3個とデスクトップピクチャー。送付先住所を3つまで指定可能。米国外への発送の場合は$40追加支援。

120ドル以上:カレンダー5個とポストカードセット2個とデスクトップピクチャー。送付先住所を5つまで指定可能。米国外への発送の場合は$60追加支援。

250ドル以上:レターフォームアーカイブにてホームパーティー!3人まで連れを呼んでよい。アーカイブ収蔵品を閲覧させてもらえる。さらにゲストそれぞれにカレンダーとポストカードセット、そしてデスクトップピクチャー。

500ドル以上:ダブルパーティー!5人まで連れを呼んでよい。アーカイブ収蔵品を閲覧させてもらえる。さらにゲストそれぞれにカレンダーとポストカードセット、そしてデスクトップピクチャー。

1000ドル以上:スポンサー級。$500までの特典すべてにカレンダー10個追加、スポンサーロゴをカレンダーに入れてもらえる。

 

January

1月はカッサンドル。使用書体はハヴィエ・ドゥプレ作でのMislab

February

2月はエドワード・ジョンストン。使用書体はA2 Typeのヘンリク・クーベルのLondon

March

3月はフランシスコ・パロマレス。使用書体はラウラ・メセガーのRumba

April

4月はルド・スペマン。使用書体は未発表

May

5月はピエト・ツヴァルト。使用書体はパウル・ヴェルヘウルのVersa

June

6月はドゥイギンズ。使用書体は拙作Metro Nova

July

7月はウィル・ブラッドリー。使用書体はジェレミー・ミッケルのShift

August

8月はパウル・レナー。使用書体はFutura…なんて安直なことをするとでも思ったか!ハンネス・フォン・ドーレンとクリストフ・ケーベルリンのFF Mark

September

9月はベン・シャーン。使用書体はデヴィッド・ジョナサン・ロスのTurnip

October

10月はルディ・ファンデルランス。使用書体は奥さんでもあるズザーナ・リッコのProgram

November

11月はラディスラフ・ストナー。使用書体はタマシュ・ブロウシルのLadislav

December

12月はフィリッポ・マリネッティ。使用書体はアントニオ・カヴェドーニのEnquire

なんでこんな露骨な宣伝を…という方もいるとは思いますが、まぁいいじゃない。応援したいんだもの。自分のMetro Novaがふんだんに使われるところを見たいんだもの。というわけでお願いします。

http://www.kickstarter.com/projects/1444321873/letterforms-and-birthdays-2014-wall-calendar

Leave a Reply

Your email address will not be published.